2008年03月05日

LOB形式の書き出し

いやはや。サンプルとかそこいらの記事を鵜呑みにすると
痛い目に合う典型だったな。えらい時間ロスだ。
(ナンデヤネーン、オキャクサンソレジャサンプルニナッテマセンガナ orz )

UTL_FILEパッケージでバイナリを出すには
10g以降の新機能であり、バイナリ指定が必要

× openmode char(1) := 'w';
○ openmode char(2) := 'wb';

また、オフセットが1から始まっているループは
1バイト足りないので、注意して読むといい。
文字型の場合、自動的に改行が付与されるので、
最後の1文字を忘れても結果同じになる、というのが真相っぽい。
OTNの掲示板でそれっぽい議論があった。

http://otn.oracle.co.jp/forum/thread.jspa?threadID=8009792&start=0&tstart=0

私と同じくドツボにはまった方はご参考あれ。
posted by koteitan at 18:26| Comment(0) | TrackBack(2) | Oracle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

RAT Database Replay機能を利用する(コマンド編)
Excerpt: 【目次(記事一覧)へ】 11gより追加された「Oracle Real Appliction Testing」は便利そうな機能ではありますが、紹介されている情報はほとんど画面の操作によるもので..
Weblog: サクサクIT
Tracked: 2008-11-10 22:55

仮想列を使用する(列に式を指定)
Excerpt: 【目次(記事一覧)へ】 久しぶり(約4ヶ月半ぶり)の更新となりました。 また、更新を再開していきたいと思います。 Oracle 11gから「仮想列」の機能が追加されました。 「..
Weblog: サクサクIT
Tracked: 2009-03-29 01:42