2016年11月26日

[WebSphere]WebSphereでコネクションプールの状況をコマンドから確認する方法

昔はPMIモジュールを有効にして、TPVするしか確認できなかったのに、
最近は簡単になったんだねぇ。

1.wsadminツールにて管理ノードへ接続します

wsadmin.sh -lang jython -user <USERNAME> -password <PASSWORD>

2.対象のMbeanを検索します。

ds=AdminControl.queryNames('*:j2eeType=JDBCDataSource,name=DS名,process=AS名,*')

3.pool状況をモニタします

AdminControl.invoke(ds,"showPoolContents")


出力される内容の

Total number of connections: 1 (max/min 10/1, reap/unused/aged 180/1800/0, connectiontimeout/purge 180/EntirePool)
                               (testConnection/inteval false/0, stuck timer/time/threshold 0/0/0, surge time/connections 0/-1)

ここがプールの状況で、(これは1つプールされていて、最小1 最大10って意味)

Shared/Unsahred Connection information

ここにコネクションの使用状況が出る。スレッドIDが出るので、javacoreを吐かせて処理を特定できる。
同じスレッドIDがいくつもつかんでいたりすると開放漏れのリークかもねぇ。


参考

posted by koteitan at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | WebSphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック