2007年02月21日

[DB2]SQL5043N

(゚Д゚ )ムハァ

db2icrt してdb2startしたらSQL5043Nになった場合の
チェックポイント

(1)db2set -all で DB2COMM=TCPIPであること
(2)db2 get dbm cfg で下記の項目が/etc/services に正しく
 登録されていること
  (SVCENAME) = db2c_db2inst2
(3)netstat -anf inet | grep LISTEN でそのポートが
 別のプロセスに使われていないかどうか確認する

(4)SPM_NAMEがnullかどうか確認する(db2 get dbm cfg)
 ホスト名から1文字削った名前だった場合(デフォルトらしい)
 db2 update dbm cfg using SPM_NAME NULL
 でnullに更新する。

いあー、(4)でドツボったよ。
ググりまくって何とか解決したが、FAQでもいいぐらいじゃね?('A`)
SPM_NAMEはDRDA(ホストか?)で2phase-commitする時の設定らしい。unixやwindows onlyなら関係ない。
また、DB2がESEだったらnullにせよ、という記述もあったが
当方の環境 WSE+FP13でもSPM_NAMEの対応でokだった。

以下参考URL
 http://db2forum05.sakura.ne.jp/viewtopic.php?t=1402&view=next&sid=1df1a36a758c01745a807ece39dffac4
http://www-06.ibm.com/jp/software/data/developer/pd/03_04.html
http://www.dbforums.com/showthread.php?t=1008509&goto=nextnewest
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=std3bc84dc4e2c313f7b49256f1c001618fe
http://www-06.ibm.com/jp/software/data/developer/library/techdoc/db2connect.html
http://db2forum.jp/viewtopic.php?p=5359&sid=5914d807a6606cbe91f0ec97dcb02cd5
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=std3a3b7f79bbffc1c4549256f1c00158931
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=std3184e78e0638a201049256f1c001618f4
http://www-06.ibm.com/jp/domino01/mkt/dminfo.nsf/doc/0027C95E
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/db2bestprac05/db2bestprac05_1.html

posted by koteitan at 11:43| Comment(0) | TrackBack(1) | DB2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DB2
Excerpt:   セットアップメモ 設定 DB管理サーバの作成 インスタンスの作成 インスタンスの設定 db2start時に、SQL5043N エラーが出る場合 ..
Weblog: PukiWiki Plus! (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Tracked: 2009-12-07 10:53