2012年12月19日

【セキュリティ】Samsungの最新CPU搭載端末に脆弱性 遠隔操作される恐れ

サムスン、モバイル端末向けプロセッサ「Exynos 4210/4412」に全ての物理メモリーに
アクセスできる脆弱性がある可能性

全ての物理メモリにアクセス≒なんでもできる ということですな。
いやはや。恐ろしいですねぇ。

公式発表はまだないので、対策としてはぁゃιぃアプリを入れない、ぐらいしかないですね。
まぁ、私はAndroid端末一つももっとらんので、対岸の火事なんですけれども。

詳しくは参考情報先へ。
該当機種としてはこれららしい。

■ 日本国内で Exynos 4210 または Exynos 4412 を搭載してる端末

Galaxy S2 SC-02C -NTTドコモ
GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D – NTTドコモ
Galaxy Note 2 SC-02E – NTTドコモ
Galaxy S3 alpha SC-03E – NTTドコモ
Galaxy S2 WiMAX ISW11SC – KDD au


参考情報
http://gpad.tv/develop/samsung-exynos-4210-4412-exploit-root-full-access/
http://gigazine.net/news/20121217-samsung-galaxy-malware/
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2048511

Ram dump, kernel code injection and others could be possible via app installation from Play Store. It certainly exists many ways
to do that but Samsung give an easy way to exploit. This security hole is dangerous and expose phone to malicious apps.
Exploitation with native C and JNI could be easily feasible.

JNIって聞くとなんかムッハーってしませんか。しませんか。そうですか('A`)
posted by koteitan at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック