2012年01月30日

[Java]-jar オプション

-jar オプションて便利じゃないですか、いちいちクラス名とかも
書かなくていいし、パッケージについても説明しなくていいし。

でもね、罠がありましてな。(今回これに気付くまでだいぶかかった(;´Д`))

CLASSPATHが効かない。

-cpとかが無効になる。
アッハッハ。

一応マニフェストファイルのClass-Path: エントリに書くことで回避はできるのだが、
そのjarファイルからの相対パスでかかなくてはならず、実行環境に依存してしまう。

いけてねーなぁ・・・。

http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/tools/windows/java.html#-jar

このオプションを使用すると、指定した JAR ファイルがすべてのユーザークラスのソースになり、ユーザークラスパスのほかの設定は無視されます。
posted by koteitan at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック