2012年01月13日

[jython]というよりpython

まぁ、細々とAccesslogとかnativestd_err.logを分析するのに、
最近はもっぱらpython。
perlはすぐ忘れる。なんでやろな。歳かな。

で、忘れやすいからメモしとく

・2次元配列をワンライナー
C=[[0 for i in range(0,12,1)] for j in range(0,24,1)]

これで、C[24][12]が全部0で初期化されて作成

・時刻文字列をTimeなオブジェクトへ
 time.strptime(文字列,"%H:%M:%S")

フォーマット文字はSimpleTimeFormatとかとほぼ同じ。規格名とかありそうだが。
import time が必要

・UTCからJSTへ
これが面倒だった(;´Д`)ので、記録しておきたい。
ぅおぅ、ぅおぅ、イッツ! タイムゾーン!!
一秒ごとにお前を

っていう。すまん。男闘呼組とか今の若い人はわからんわな。

TZを定義して、Classを作ってあーだこーだってやるやり方もあるんだが
面倒すぎる。なんで、ログをちょろちょろっとするものでClassまで作らねばならんのだ。
と、いうことで、JSTだけなら+9すりゃおkなので

from datetime import datetime,timedelta

datetime.strptime(文字列,'%H:%M:%S') + timedelta(hour=9)

・デリミタを一杯つかって、split

正規表現でおk
re.split('[ (=):\./\*]',文字列)

この例は ( = ) : . / * と半角スペースの8文字がデリミタになる。


UTCな時間でデリミタ統一感ゼロなログを分割してGNUplotでグラフ化するだけの
簡単なお仕事です。
(GNUplotだと時間軸のの整形が楽だから、だけだけど)
( ´ー`)フゥー...


posted by koteitan at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | jython | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック