2011年07月12日

SQL1005N 既に(以下略

自分のDBが消されていて、且つリストアしたらSQL1005Nな状態になっていて
萎えまくったりした皆さんのために対策をメモっておく。

これはシステムカタログとローカルカタログがズレたとかそんなので出るみたいで、
事例ではコントロールセンターから消したら出たとかそんなのを見かけた。

db2 list db directory (システムカタログ)
db2 list db directory on インストール先 (ローカルカタログ)

直し方(くわしくはSQLメッセージリファレンスを見てね)
 db2 catalog db かわいそうなDB名
db2 drop db かわいそうなDB名
db2 restore db かわいそうなDB名 from (以下略

リダイレクト restoreの構文がわからんちんな場合、V9.1以降だと
自動ジェネレート機能があるので、InfocenterにGo。
キーワードは 「redirect generate script」

⊂⌒~⊃。Д。)⊃プシュー。
posted by koteitan at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | DB2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック