2010年02月19日

[websphere] java.lang.NoClassDefFoundError: javax.servlet.jsp.tagext.TagSupport

( ゚Д゚)ハァ?
このクラスはj2ee.jarに入ってる。無いわけ無いだろ、バカか?
とコンピュータに向かって叫んだりすると変人扱いだから
要注意

JspBatchCompilerからこんなエラーを受け取った。
/usr/IBM/WebSphere/AppServer/lib/j2ee.jarを見てみても
バッチリ含まれている。(;´Д`)ハァハァ また地雷踏んだのか、oi。

バッチコンパイラはj2ee.jarを読んでくれることは間違いない。
http://www.ibm.com/developerworks/websphere/techjournal/0401_johnson/johnson.html
この記事にあるように、どんなオプションであっても
「WebSphere Application Server JARs and classes」はYesだ。

(´(・)`)クマッタ・・
・・・
・・

( ゚д゚)ハッ!
稼働している旧環境を眺めてぁゃιぃのを発見する。
-classloader.parentFirst

なんか旧環境はこれ弄ってんなぁ・・と
このオプションを有効にしてみるとするっとコンパイル。
┐(´д`)┌ ヤレヤレ

てか、なんでearの設定が違うわけ?( ゚Д゚)ハァ?
これデプロイしたの誰だよ、(゚Д゚#)フォルァ!!

あ、俺か。orz

あと、参考リンクのjdkSourceLevelの説明が間違ってるっぽいな。
13 (デフォルト) - この値は、JDK 1.4 および JDK 5.0 のすべての新規言語フィーチャーを使用不可にします。
とあるが動かしてみればわかるようにデフォルトは15だ。
15 - この値は、表明機能および、JDK 5.0 のすべての新規言語フィーチャーを使用可能にします。

だから昔々のJSPをdeprection true(java警告有効)でコンパイルすると糞ほどgenericsの警告がでたりする。



参考リンク
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/wasinfo/v7r0/topic/com.ibm.websphere.nd.multiplatform.doc/info/ae/ae/rweb_jspbchtl.html
http://java.sun.com/j2ee/sdk_1.3/techdocs/api/javax/servlet/jsp/tagext/TagSupport.html
http://www.theserverside.com/news/thread.tss?thread_id=13466

posted by koteitan at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | WebSphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック