2009年07月27日

[AIX]PPsize と PP数の最大

(゚Д゚ )ムハァ

クソ古いシステムに新しいHDDを追加したりすると
VGのPPsizeに対してディスク容量がでかすぎて

容量/PPsize > 1016  

となり、

0516-1254 extendvg: ODM 内の PVID の変更中です。
0516-1162 extendvg: 警告、4 の物理区画サイズでは、XXXX 区画を
hdisk1 のために作成する必要があります。ボリューム・グループ
rootvg の制限は、物理ボリュームごとに 1016 の物理区画です。
chvg コマンドに -t オプションを付けて使用し、このボリューム・
グループの物理ボリュームごとの最大物理区画数を変更してみてください。
0516-792 extendvg: ボリューム・グループを拡張できませんでした。



こんな感じで('A`)ウボア とかなる。
まぁ、メッセージにあるようにchvg -t でPVあたりのPPsを増やしてやれば
OKだが、VG全体のPPsは変わらないので、つまりVGに搭載できるPV数が
-tの数字によって減っていく。




t係数 MAX PPs per PV MAX PVs
1 1016 32/128
2 2032 16/64
3 3048 10/42


式にするとこうかね。
PVs = floor( 32 / t係数 ) 
もしくは
PVs = floor( 128 / t係数 ) … 128 DiskVGの場合(mkvg -B)


つまり、設定する係数としては 割り切れる数が効率(・∀・)イイ!!ってことさ。

(´-ω-`) まぁこんなとこあんまりいじくるものでもないわな。

っと、5.3以降ではもっとデカイ可変領域も作れるみたいだなー。
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/pseries/v5r3/topic/com.ibm.aix.cmds/doc/aixcmds3/mkvg.htm?resultof=%22%63%68%76%67%22%20

スケーラブル・タイプのボリューム・グループを作成します。デフォルトでは、このボリューム・グループは、最大 1024 物理ボリューム、256 論理ボリューム、および 32768 物理区画を収容できます。論理ボリュームの数を増やすには、-v オプションを使用します。物理区画の数を増やすには、-P オプションを使用します。
注:
スケーラブル・ボリューム・グループのデフォルト値を超えて maxlvs および maxpps を増やすと、それに比例して VGDA のサイズを大きく増やすことができます。 maxlvs および maxpps の値は減らすことができないので、増やす必要があるときにのみ増やしてください。一方、VGDA スペースの増加につれて、すべての VGDA 更新操作 (論理ボリュームの作成、論理ボリュームの変更、物理ボリュームの追加など) は、実行に長い時間がかかるようになります。


参考
http://www.jazz.nango-net.jp/~sgystk/aix/disk/vg0.html
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/pseries/v5r3/topic/com.ibm.aix.cmds/doc/aixcmds1/chvg.htm?resultof=%22%63%68%76%67%22%20
posted by koteitan at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | aix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124363403

この記事へのトラックバック