2009年03月25日

バッチファイルでのエスケープ処理

前のperlスクリプトの単体テストで
winの環境変数に入力値を入れなければならない。
しかし、環境変数に特殊文字「<」「>」なんかを入力すると
リダイレクトになってしまい、おかしくなる。
そういうとき、javaやC、その他言語では大概バックスッラッシュ「\」で
エスケープするものだが、この文字自体がパス区切り文字で意味を
持つ。

バッチファイルにおけるエスケープシーケンスは「^」。
これでエスケープしてやればどこにどんな文字でも書ける。
いやぁ、めちゃくちゃ調べたよ。

たどり着いたURL↓
炎のコマンドプロンプト入門
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/1227/variable.html

<(_ _)>カンシャシマス。
posted by koteitan at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック