2017年03月19日

Ubuntu de Apache2 その3

Tomcatとの連動について

IHS+WASやったら、プラグインの伝播で終了、だが
いちいちproxy設定いれんとあかんのな。
バーチャルホスト転送したらいらんかもだが、それはそれでtomcat側にも
いろいろアクセス制御とかいれんとだし、ややこいね。

仮想マシンでローカルオンリーだったら適当でもいいんだけど
Azure上で、グローバルIP持ってる状態なので、やっぱセキュリティには気を使いたいやね。

apache2とtomcatの連動には proxy_ajpモジュールを有効にして、
tomcat側のajpの待ちうけを有効にしておく。

参考にさせていただいたサイト


posted by koteitan at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubuntu de Apache2 その2

debian系のApache2は設定が独特で慣れんな・・・。
AIXのIHSとかだと、ひとつのファイルにダーっと書いてあるんだが、
丁寧に分かれていて、コマンドも違うので、ちょっと慣れないとなー。
install とかはめっちゃ簡単でよろしいんだけど。

・インストール/Update
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install apache2

・設定値
 /etc/apache2

・有効になっているモジュールの確認
 a2query -m

・モジュールのオンオフ
 a2enmod モジュール名
 a2dismod モジュール名

・サービスの再起動
 service apache2 restart

・うまく起動せんとき
systemctl status apache2.service
で確認。

セキュリティの設定いれたら Headersディレクティブが効かなくて、ハテ??となったら
デフォルトでは有効じゃなかったのね、ってオチ。orz

posted by koteitan at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする