2016年09月10日

pyQt メモ(イベントの接続)

evernoteにメモしてたんだけど、やっぱ公開しないとな。
こっちもたくさんの公開blogとか参考にさせてもらってるんだしね。
慣れた人には当たり前なのだろうけど、ね。

#ImageBoxのイベントを上書きして設定
self.ImageBox.mouseDoubleClickEvent=self.mouseDoubleClickEvent

Dialog->Panel->QGraphicsViewってのっけたUI作る時って、
Dialogを継承して、メンバにpanelやらくっつけるってやるでしょ。
そしたらイベント定義できるのがDialogになるけど、そこでのdoubleclickedを
ハンドリングしてもコンポーネントの隙間のところのダブルクリックしか反応しない。
全体とか、広い部分で反応してくれよ、ってのを調べてたらこんな簡単だったでござる。

後から見直してみると、これImageBox側が必要としている
mouseDoubleClickEvent()の処理(superを含む)が呼ばれなくないかなぁ・・。
何も実装されていない場合はいいかもしれんけど、
めんどくさがらずにちゃんとサブクラス作ったほうがいいのだろうか。
posted by koteitan at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

tarファイルのパーミッションについて

一般ユーザーは考えなくてよい問題で
スーパーユーザーの場合は、デフォルトでpオプションが付く。
これによりUID、GIDが保存され、展開したときに元のUID,GIDを回復できるという
わけだが、例えば同じユーザー名だがUIDが異なる場合などの動きは
いろいろある模様。

GUNtarにはこういった場合にユーザー名に追随するのか、UIDを使うのかを
制御するオプションがあるようだが、AIXのマニュアルには見当たらないな。

動きを見てみる限りでは、追随する(-n無し)ようだが。
tar.png

(cf)
http://blue-red.ddo.jp/~ao/wiki/wiki.cgi?page=tar%A4%CE%A5%AA%A1%BC%A5%CA%A1%BC%A1%A2%A5%D1%A1%BC%A5%DF%A5%C3%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A4%CE%B0%DD%BB%FD%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6
http://blog.xe.bz/archives/51645042.html
http://www.gnu.org/software/tar/manual/html_node/Attributes.html

posted by koteitan at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | aix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする